髭脱毛の五回目における減毛効果と肌状態の変化

ヒゲを気にする男性13

髭脱毛は最低でも五回は施術が必要だと言われますが、その根拠はどこにあるのでしょうか。ここでは髭脱毛の処理回数のこと、五回目終了時の状態、髭脱毛をしたい理由などについて説明しています。髭の脱毛は自分でするのは難しいからこそプロに任せる必要があります。

自己処理に限界を感じている方、髭由来のトラブルに悩んでいる方はぜひ受けてみてください。

五回目で髭脱毛が完了する人はいる?

医療脱毛でボディの脱毛をすれば、五回でかなり薄くなります。医療機関では三回や五回コースを用意しているクリニックがありますが、これは少ない回数で減毛を実感できるからです。ただし髭に関しては減毛するペースが遅いので、五回目で完了する人はあまりいません。

サロン脱毛の場合だと、医療脱毛と同等の効果を得るためには二倍の回数が必要になると考えてください。例えば医療脱毛の五回とサロン脱毛の十回では、概ね同程度の効果があります。男性が髭脱毛を完了するには十回以上かかるケースが少なくありません。

一方で女性は髭が薄いので、五回で完了することもあります。

髭脱毛は最低何回の処理が必要?

ヒゲを気にする男性27

あらゆる脱毛で永久脱毛ができるのは医療機関だけです。それでも最低五回は必要だと言われていますが、これは一回の処理で減毛できるのが20%程度だからです。まだ皮膚表面に顔を出していない退行期・休止期の髭にもレーザーを照射するには、必然的に五回は必要になります。

ただ髭がそれほど濃くない人、または間引きして密度を低くしたい人などは、三回程度で満足いく結果を得られることがあります。シェービングからの解放を目的にするなら、五回以上は必要になると考えてください。医療機関では一回コースを用意しているところがありますが、これは微調整をするのが目的です。

例えば過去にサロン脱毛である程度薄くしているなら、医療脱毛を一回受けるだけで産毛程度まで薄くできる場合があります。

髭脱毛の五回目を終えて実感できること

全身の体毛のなかでも髭は脱毛効果が出にくく、一回程度ではほとんど減毛を感じられない方が多いですが、五回目あたりになると目に見えて髭が減ります。これは医療脱毛・サロン脱毛の双方に共通し、全体的に髭が細くなって軟毛になり、さらに毛周期が遅くなったと感じる人が目立ちます。

これらの効果はシェービングや毛抜きによる処理では得ることができません。医療・サロン脱毛は減毛と抑毛作用があり、早ければ二回目くらいから変化を感じる人がいます。まだこの段階では自己処理からは解放されませんが、シェービングをするときの摩擦抵抗が減った、処理後の肌が荒れにくくなった、などと答えている人は多いです。

なぜ髭脱毛を受けると肌が綺麗になるのか?

濃い髭をシェービングするときは、逆剃りをしないと綺麗に剃れないことがあります。一方で逆剃りは肌の角質を刺激し、かゆみや炎症・痛みを発生させる原因にもなります。髭が濃いほどシェービング時のダメージは増すため、医療機関やサロンで脱毛するメリットが大きくなるのです。

何度か処理を重ねていると、ふわっとした軟毛に変化していきます。すると逆剃りをしなくても順剃りだけで剃れるようになります。シェービングによる肌への負担が軽減すると、敏感になった肌は次第に普通肌に近づいていくわけです。

シェービングで荒れた肌は表面がボロボロになり、乾燥していることが少なくありません。プロの髭脱毛を受けると肌が安定し、保水力が増すことでハリのある状態に変化していくのです。

髭脱毛をすれば毛穴の状態もよくなる

ムダ毛のない男性17

シェービングは毛穴を開かせる原因になるのに対して、髭脱毛は毛穴を引き締められます。

五回目を完了するころには、髭脱毛開始前との肌状態の違いを明確に実感できるはずです。毛穴が目立たなくなると肌のリフトアップが期待できるため、よりツルツルを実現できます。

視覚的にも若く見えるようになるため、老け顔に見られる人ほど髭脱毛をするメリットは大きいです。昔であれば男性は少し老けて見られたほうが得だという意見が多くありましたが、現在は若く見られたほうが得をする場面が多いです。

時代に伴った価値観の変化により、ツルツル肌を求める男性が増えています。髭脱毛による若返り効果は、剛毛の男性であるほど強く実感できます。また髭がなくなることで、洗顔するときの洗浄力も向上するのです。毛穴の皮脂を速やかに除去できるようになれば、安定した肌質を維持できるでしょう。

髭脱毛は他の部位より痛いのか?

全身脱毛を受けたときに痛いと感じる部位は、髭やVIO・膝などです。医療機関で髭脱毛をするときは、希望により麻酔を使用できるところが少なくありません。サロン脱毛と比較して数倍痛いですが、麻酔を使用すればサロン未満の痛みに軽減します。

完全無痛にすることは困難ですが、十分に我慢できるレベルまでは抑えられます。髭脱毛は初回が一番痛いという人が少なくありません。五回目くらいになると痛みが軽減してくるという人が多いです。ただ痛みは肌状態によって左右するので、肌が敏感になっている状況で脱毛をすると前回より痛いと感じてしまう場合があります。

肌の保水力が低下している状態ほど、強い痛みを感じる仕組みになっています。髭脱毛の刺激を抑えるためには、普段から化粧水やクリームなどで十分に保湿しておく必要があるでしょう。

髭脱毛の回数を減らすためには?

髭脱毛の効果は使用する脱毛機と施術者の技術により大きく変わります。処理回数を減らすならサロン脱毛より医療脱毛がおすすめで、半分程度の回数に減らせます。脱毛クリニックには痛みの弱さをアピールポイントにしているところがありますが、結論をいえば痛いほど効果が高いです。

痛いということは出力が強い、つまり髭に大きなダメージを与えられることを意味します。それでも五回で完了させるのは困難ですが、最新脱毛機を導入している、麻酔の技術が高い、などの条件をクリアしている医療機関ならば五回で相当に薄くできるでしょう。

あとは自宅でスキンケアを徹底し、脱毛時の刺激を抑えていく必要があります。高出力でレーザーを照射できれば、必然的に脱毛一回あたりの効果は高くなります。

髭脱毛の負担を抑えるために工夫したいこと

髭脱毛は他の部位より処理回数が多く、五回目で完了できる人は少ないです。サロン脱毛で十分な効果を得られない人は、医療機関の医療レーザー脱毛がおすすめです。

髭脱毛を受ければ肌や毛穴が綺麗になり、若返りを期待できるでしょう。医療脱毛は痛みが強いですが、麻酔で痛みを大きく軽減できます。それに加えて自宅での保湿ケアを徹底すれば、さらに痛みや処理回数を減らせます。